外来

鍼治療

遠隔メディカルダイエット

鍼治療とは

鍼治療は、ステンレス製などの細い針を体に刺し入れることで、様々な症状や傷病にアプローチする治療法です。

主に使用されるのは、中国針よりも比較的細い「日本鍼」で、円形の筒(管鍼法)を利用して、軽く叩きながら、刺し入れていきます。
通常、日本鍼はソフトの施術で痛みが少ないと言われており、初心者の方にもおすすめです。一方、中国鍼は、日本鍼で効果が感じられなかった人にもおすすめで「ひびき」も出やすいと言われています。

「ひびき」とは、針を刺し入れることで起きる「刺激の感じ方」で、痛いだけでなく、心地よい、しびれる、重い…など、様々な反応が出ます。いずれにしても、針がツボに届いている証拠で、中国鍼では特に、ひびきの状態を重視します。

なお、針の施術では、お灸(おきゅう)ほか、赤外線などの温熱機器や低周波などの電気治療器と併用して実施されることも多いです。

鍼治療の効果

NIH(アメリカ国立衛生研究所)
では、鍼灸治療には、さまざまな病気や症状に対して有効であると発表しています。具体的な病気・症状は、以下の通りです。

■神経に関係した病気
神経痛、神経麻痺、痙攣、ヒステリー、脳卒中後遺症、頭痛、めまい、不眠、自律神経失調症、神経症、ノイローゼ
■呼吸器に関係した病気
気管支炎、喘息、風邪とその予防
■消化器に関係した病気
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)、肝機能障害、肝炎、胆嚢炎、胃十二指腸潰瘍、痔疾
■運動器に関係した病気
関節炎、リウマチ、頚椎捻挫後遺症、五十肩、頚肩腕症候群、腱鞘炎、腰痛、ケガ(骨折、打撲、むちうち、ねんざ)の後遺症
■循環器に関係した病気
心臓神経症、高血圧低血圧症、動脈硬化症、動悸、息切れ
■代謝内分秘に関係した病気
バセドウ氏病、痛風、脚気、糖尿病、貧血
■耳鼻咽喉科に関係した病気
中耳炎、耳鳴、難聴、メニエール氏病、鼻出血、鼻炎、ちくのう、咽喉頭炎、へんとう炎
■眼科に関係した病気
眼精疲労、ものもらい、仮性近視、かすみ目、結膜炎、疲れ目
■生殖、泌尿器に関係した病気
膀胱炎、尿道炎、性機能障害、尿閉、腎炎、前立腺肥大、インポテンツ
■婦人科に関係した病気
更年期障害、乳腺炎、白帯下、生理痛、月経不順、冷え性(*中医学で特に悪い状態として重視されます)、血の道、不妊
■小児科疾患
小児神経症(夜泣き、偏食、食欲不振、不眠、かんむし、夜驚、消化不良)、小児喘息、夜尿症、虚弱体質の改善、アレルギー性湿疹、耳下腺炎

日本の鍼治療

日本では、以下の6症状について、鍼灸治療の保険適用が認められています。

・神経痛
末梢神経の刺激によって、突発的な痛みが起こります。痛みは鋭く、症状が繰り返し現れます。鍼灸治療においては、どの部分の神経痛でも、保険適用の対象です。
・リウマチ
関節やその周囲に痛みが起きる病気です。朝のこわばりが初期症状と言われています。
・頚腕症候群
ひどい肩こり、首から肩にかけての痛みなどの症状が出ます。
・五十肩
肩の関節が痛み、特定の高さまで腕が上がらないなどの状態になります。加齢や、肩の使い過ぎ原因となります。
・腰痛症
女性の方では、妊娠出産を機に腰痛に悩む方も多いようです。なお、ぎっくり腰も治療範囲です。
・頚椎捻挫後遺症
事故によるムチウチなどの後遺症を指します。

医師の同意書があれば、健康保険で施術が受けられます。以上のような症状に悩んでいたり、鍼治療に興味のある方はご相談ください。

まとめ

鍼治療は自律神経系への作用を利用して、体内の血流や内臓の働き等を助けます。同時に、針の刺激が刺入部の代謝を活性化しますので、肌に艶・張りが出たり。シミが薄くなる効果も期待できます。

当院には鍼灸医(針生 信)が在籍しています。東洋医学の中でポピュラーな治療法である鍼治療を西洋医学の視点から検証し、より高い安全性と確かな効果を患者様へご提供することがモットーです。治鍼療に興味のある方はぜひご相談ください。


Search
×